2021年4月から36協定が新様式に!ポイントは押印廃止とチェックボックス新設

2021年4月から36協定届が新しくなります。
新様式の変更点など、おさえておくべきポイントをまとめます。

36協定届が新しくなります

2021年4月から36協定届の様式が新しくなります。

36協定とは

36協定とは、「時間外・休日労働に関する協定」のことです。
企業が従業員に 時間外労働や休日労働をさせるためには、36協定の締結・届出が必要です。

36協定届とは、「時間外労働・休日労働に関する協定届」のことです。
36協定届を労働基準監督署に届け出ずに 労働者に時間外労働をさせるのは、労働基準法違反です。

36協定届の新様式を確認

さっそく36協定届の新様式をチェックしてみましょう。

36協定届の新様式記載例

<36協定届の新様式記載例>

 

黄色でマークされている部分が、新様式になって変わったポイントです。

新しくなった36協定届の記入の仕方の詳細は、厚生労働省の資料にてご確認ください。
36協定届が新しくなります - 厚生労働省

新様式は厚生労働省の専用ページからダウンロードできます。

主要様式ダウンロードコーナー|厚生労働省

36協定新様式のポイント

36協定届の新様式の変更点について、おさえておくべきポイントは2つです。

押印の廃止

36協定届の新様式は、使用者と労働者代表の記名押印または署名が不要です。

要注意

署名・押印が不要となるのは、協定書が別にある場合に限るので要注意です。協定書を兼ねた36協定届の場合は、署名か押印が必要です。

チェックボックスの新設

36協定の新様式には、労働者代表についてのチェックボックスが新設されました。

要注意

チェックボックスにチェックがない場合には、形式上の要件に適合している協定届にはならないので注意が必要です。

電子申請でも電子証明書が不要に

電子申請をしている企業にとってうれしい変更点があります。

36協定届への押印不要に伴って、電子申請時の電子署名・電子証明書の添付が不要となります。

 

2021年4月以降は、新様式で届出をすることになります。
新様式の内容を確認して、準備しておきたいですね。
おすすめの記事