信書も送れる!レターパックとスマートレターの違いは?利用シーンや選び方まとめ

郵便や荷物を送るためのサービスって似たサービスが多くて、一体何が違うのか・どれを選んだら良いのかが分かりづらいですよね。

以前、郵便(手紙・はがき)のオプションサービスである「速達」「書留」「特定記録」について、
そのサービス内容の違いや利用シーン・選び方を記事にしたところ、とても多くの方に見ていただいているので、「あ、よくわからなくて迷っているのは私だけじゃないんだ!」と気付きました。

そこで今回は、郵便サービスの違いをハッキリさせちゃおう企画の第2弾!
専用封筒を使って送る、似たものサービスレターパック」と「スマートレター」の違いについて、わかりやすくまとめます!

まずは共通点をチェック!

「レターパック」と「スマートレター」とは、ひとことで言うとどんなサービスなのか?
それはこれらのサービスの共通点を知ることで掴むことができます!

専用封筒(レターパック/スマートレター)の購入が必要
全国一律料金
信書も送れる

信書とは?

レターパックとスマートレターでは、信書も送ることができます。
手紙やはがきなどの信書は、原則として、日本郵便などの信書便事業者が扱うサービスでしか送ることができません。

ちょっと寄り道して、信書についてまとめます。

信書とは?
「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」です。
(郵便法第4条第2項)

ちなみに、罰則規定があり、郵便・信書便以外で信書を送ると、送り主は罰せられます
信書に該当する文書と信書に該当しない文書の一覧

信書に該当する文書と信書に該当しない文書の一覧

はい。信書に該当する文書と、信書に該当しない文書をずらりと並べてみました。
受取人に対する自己の意思・思想・感情の伝達のための書類が、信書にあたるのですが、はっきり言って信書の定義はわかりにくいです!
個人情報に関わる書類」、「証明書類」、請求書・契約書などの「〇〇書」と名の付くもの、もっとざっくり言うと他人が簡単に見るべきでない大事な書類、これらはだいたい信書です。
でも個人情報を含むかどうかで信書かそうでないかが判断されるわけではないので、そこは誤解しないでくださいね。

正当な理由がないのに勝手に他人の信書の封を開けると、信書開封罪という罪に問われるくらい、信書というのは大事な書類なのです!
刑事罰も設けられているんですよー!ちなみに家族や恋人同士でもダメです。

刑法第133条
正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する

信書について詳しくは、総務省のページを見るのが確実です。

レターパックとスマートレターのサービス比較

ここでようやく本題です。
表にするのが一番わかりやすいと思うので、サービス内容を表にまとめました。
まず大前提として、レターパックとスマートレターには専用封筒があり、この封筒を購入して送ることになります。
だから全国一律料金なのです(^^)
レターパックプラス レターパックライト スマートレター
サイズ A4サイズ(34cm×24.8cm) A4サイズ(34cm×24.8cm) A5サイズ(25cm×17cm)
厚み 3cm以上でも可 3cm以内 2cm以内
重さ 4kg以内 4kg以内 1kg以内
料金 全国一律520円 全国一律370円 全国一律180円
信書
追跡サービス ×
補償(損害賠償) なし なし なし
発送の仕方 ポスト投函
窓口
集荷
ポスト投函
窓口
ポスト投函
窓口
配達(授受)方法 対面
受領印or署名
郵便受け 郵便受け

 

レターパックとスマートレター、どんな場面で使う?

レターパックとスマートレターのサービス比較がすんだところで、実際の利用シーンについて考えます。

まずレターパックとスマートレターの強みと言ったらなんといっても信書が送れること!
そして厚みのあるものでも送ることができます。

注意すべきことは、損害賠償は行われないということ。
補償をしっかりつけたいのなら、他のサービスを利用しましょう。

 

レターパックとスマートレター おすすめ利用シーン
信書(手紙・請求書など)の発送
厚みのあるカタログ等の発送
書類・書籍・本の発送
CD・DVDなどのディスク類の発送
洋服や装飾品など、衣類の発送
オークション商品の発送
メルカリなど、フリマアプリでの商品の発送
レターパックプラスなら、追跡サービス付き+対面配達で受領印ももらうので、確実に相手に届いたことが確認できます!
スマートレターは 料金が安い分、郵便受けへの配達で追跡サービスもないので、確実に届けたい重要書類の送付にはお勧めしません。
おすすめの記事