出さなかった年賀状は捨てないで!記入済みでも郵便局で交換できます!

多めに買ったけど、使わず余ってしまった年賀はがきはありませんか?
書き間違いやプリントミスをしてしまった年賀状を捨ててしまっていませんか?

使わなかった年賀はがきも、書き損じはがきも、どちらも郵便局で新品のはがきや切手に交換することができます。捨てるなんてもったいないですよ。

はがき・切手は郵便局で交換してもらえます

年賀はがきを多めに買ったらあまってちゃった。しかも印刷ミスや書き間違いで何枚も無駄にしてしまった・・・。もったいないけど捨てるしかないかぁ。

ちょっと待ったー!捨てるなんてもったいない!郵便局に持っていけば、切手やはがき、レターパックの封筒などと交換できますよ!

え!そうなの!?でももうプリントしちゃってるし、宛名とかも書いちゃってるけど・・・。
使用済みのはがきでも交換してもらえるの?

はい!記入済み・印刷済みの年賀状でも大丈夫です。

知らなかったー。いままで捨てちゃってたのは もったいないことをしてたんだね・・・泣

ただし返品や返金はできません。あくまで「交換」です。
書き損じはがきを新品のはがきに交換するだけでなく、はがきを切手などの他の商品へ交換することもできますよ。

POINT

印刷ミスや書き間違いをしてしまった、いわゆる書き損じはがきは、郵便局で新品のはがきや切手に交換することができる

はがき・切手の交換は無料?

書き間違いや使わなかったはがきを交換してもらうのは無料なの?

基本的には1枚あたり5円の交換手数料がかかりますが、無料で交換できる場合もあります。
近親者に不幸があって年賀はがきを出せなくなった場合は、服喪であることを申し出れば無料で交換してもらえます。

喪中のときは年賀状を送らないで「喪中はがき」をだすんだもんね。不幸は突然のことだから予想できないしね。

ただし、服喪での無料交換期間は、年賀はがきの販売期間中だけなので要注意です。
無料交換期間を過ぎてしまった場合でも、交換手数料を支払えば交換は可能です。

無料交換期間を過ぎたら、通常の書き損じはがきと同じ扱いになるということかぁ。

無料で交換できるのは不幸があったときだけなの?

インクジェット用のはがきを買わなきゃいけなかったのに、間違って普通の年賀はがきを間違って買ってしまった場合なども、年賀はがきの販売期間中で、かつ、はがきが未使用で綺麗な状態であれば手数料無料で交換してもらえます。汚れていたり記載済の場合は交換手数料がかかります。

POINT

  • 書き損じはがきは、交換するはがき1枚につき5円の交換手数料が発生する
  • 不幸があり年賀状を出せなくなったときは、年賀はがきの販売期間内であれば手数料無料で他商品と交換することができる
  • 誤購入した未使用の年賀はがきは、年賀はがきの販売期間内であれば手数料なしで交換することができる

はがき・切手の交換手数料はどう払う?

はがき・切手の交換手数料は、どうやって支払うの?窓口で現金で支払えば良いのかな?

交換手数料は現金か切手で支払う他、交換するはがきや切手の金額分から差し引いて相殺することもできます。
交換するはがきの額面以上の商品でも、不足分を支払えば交換することができます。

POINT

  • 交換手数料は、現金・切手・相殺(交換するものの額面金額分から差し引く)で支払う
  • 書き損じはがきの金額分よりも高い商品に交換したいときは、不足分を支払えば交換することができる

書き損じはがきの交換期限

印刷ミスや書き間違いで出せなかった年賀はがきを交換してもらえる期限はいつまでなの?

書き損じ年賀はがきの交換期限はありませんので、数年前の年賀状でも 切手や普通はがきに交換することができます。
ただし、過去の年賀状を新年の年賀状へ交換することはできません。たとえば、2021年の丑年の年賀はがきを、2022年の寅年の年賀はがきと交換することはできないのでご注意ください。

POINT

  • 書き損じ年賀はがきの交換期限はない
  • 年賀はがきの販売期間内であれば、書き間違えた年賀はがきを新品の年賀はがきと交換できる(交換手数料あり)
    ※同じ年内に限る
  • 過去の年賀状を新年の年賀状へ交換することはできない

年賀状は当選番号を確認してから交換しよう

ところで、お年玉付き年賀はがきの当選番号っていつ発表されるんだっけ?もしかして書き損じはがきの中に当選しているものがあるかもしれなくない?

良いところに気が付きましたね!お年玉付き年賀はがきの当選番号は、毎年1月中旬に発表されます。(令和3年度は2021年1月17日に発表)
当選商品は毎年内容が変わりますが、1等は現金30万円か電子マネー31万円と、当たるとハッピーなお年玉です。
年賀状が手元にあるなら、当たったかどうか必ず確認してくださいね!

もし書き間違いの年賀状が当選していたらどうなるの?

当選していれば、通常通り賞品と交換することができますよ。
賞品をもらったあとで、切手やはがき等へ交換することが可能です。

じゃあ、交換に行くのは当選番号を確認してからの方が良いね!
だってもし書き損じはがきの中に当選してる年賀状があったら、もったいないもんね!

そうですね。ちなみに賞品の引換期間は7月20日までと約6か月間の期限がありますから、気を付けてくださいね。

POINT

  • 書き損じはがきを他商品へ交換するのは、お年玉付き年賀はがきの当選番号を確認してからがおすすめ
  • お年玉付き年賀はがき抽選で当選している年賀はがき(未使用や書き損じの場合)は、賞品の受け取り後の交換が可能

交換に行くときの準備

お年玉付き年賀はがきの当選番号をチェックしたけど、1枚も当たってなかったよ・・・泣

残念でしたね。では当選していない年賀はがきは、早速切手やはがきに交換しちゃいましょう。

郵便局の窓口に行って、「交換してください」って言えば良いの?

そうです。郵便局に行く前に、何が何枚(何円分)あって、それを何に交換したいのか、交換手数料は現金で支払うのか相殺するのかなど、あらかじめ決めておくと良いですよ。

POINT

あらかじめ、交換するはがきや切手が何枚(何円分)あるのか、それを何に交換するのかを決め、メモする等してから郵便局の窓口へ行くとスムーズに交換できる
※年賀はがき以外にも、はがきや郵便書簡、レターパック封筒やスマートレター封筒、不要になった郵便切手なども、所定の手数料を払えば交換することが可能です
詳しくは、日本郵便の公式ホームページでご確認ください。(外部サイトへのリンクです)
おすすめの記事