マイナンバー通知カードの廃止決定!なぜ?廃止後はどうなる?

デジタルファースト法案が令和元年5月に国会で可決成立しました。
それに伴い、マイナンバー(個人番号)通知カードが廃止されることが決定しました。

マイナンバー通知カードとは?
マイナンバー(個人番号)を国民ひとりひとりに知らせるための紙のカードです。
デジタルファースト法案が令和元年5月に国会で可決成立したことに伴い、マイナンバー通知カードの廃止が決定しました。
※2020年2月現在、2020年5月下旬から通知カードの新規発行を中止する方針が明らかになっていますが、具体的な廃止時期は発表されていません。

なぜ通知カードを廃止するのか?

  • マイナンバーカードへの移行促進のため
  • 行政手続きをデジタル化していくためには、マイナンバーカード(ICチップの利用)が必要不可欠であるため
  • 転居の際など、通知カードの記載事項変更手続き必要だが、それが住民と職員の双方にとって負担となっているため、これを廃止

 

通知カードが廃止されるとどうなる?

  • すでに交付されている通知カードは、記載内容に変更がなければマイナンバーの証明書類として引き続き利用可能(経過措置)
  • 赤ちゃんが生まれたりして、新しくマイナンバーが付番されると、いままでは通知カードが送られてきましたが、通知カードが廃止後はそれがなくなります。ただしカードではなく違う形式(書面等)でマイナンバーは通知されます。

 

通知カードを無くしたりして持っていない人はどうやってマイナンバーを証明するの?

  1. マイナンバーが記載された住民票を取得する
  2. マイナンバーカードを取得する

 

マイナンバーカードが普及しない理由として、「マイナンバーカードを持っていなくても困らない」ということがありましたが、困らないのは「通知カードがあったから」というところが大きかったと思います。

通知カードが廃止されて一番困ることが、マイナンバー(個人番号)を証明する必要がある場面ではないでしょうか?

「マイナンバーカードを持っていなくても困らない」から、「マイナンバーカードがあれば便利」「無いと不便」という方向にどんどん変化してるのを感じます。

マイナンバー普及促進為の他の政策とも絡んで、マイナンバー取得の動きが加速していきそうですね。

合わせて読みたい マイナンバー関連記事

おすすめの記事