WP_DEBUGを有効にしてPHPエラーを表示する

WordPress開発をする時に、設定しておくと便利な関数です。
デフォルトでは「エラーを表示しない」ので、WP_DEBUGを有効にしましょう。

wp-config.php の WP_DEBUG

define('WP_DEBUG', false ); /*デフォルト:エラー非表示*/
define('WP_DEBUG', true); /*エラー表示有効*/

 

ワードプレスインストールディレクトリ/wp-config.php の84行目にあります。
[false]を[true]に書き換えます。

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 */
define('WP_DEBUG', true);

コメントにもあるように、開発する上でWP_DEBUGを有効にする事を強く推奨しています。

エラー発生時の表示

デフォルトの状態=デバッグモードが無効時のエラー表示です。

WP_DEBUGOFF時の表示

「重大ってなに!?!?!?」になりますね...

では、デバッグモードが有効時のエラー表示も見てみましょう。

WP_DEBUGON時のエラー表示

今回は、PHPエラーが表示されています。
焦らずポイントを押さえて確認すると文法エラーの様です。

  1. Parse error:Syntax error unexpected’<’
    →文法エラーです。
  2. home/.../ディレクトリ/index.php
    → エラーが起こっているファイルは、書かれてあるディレクトリにある、index.php ファイルです。
  3. on line 2
    →2列目を見てください。

では、実際に index.phpのファイルを見ると、1行目のPHP構文の閉じタグが無かった事で、2行目の記述内容からエラーが生じてました。
’<’ もエラー表示内にありましたね。

PHPの閉じタグをつけてエラー解消です。

このようにエラーを表示させることで、何が原因でエラーが発生しているのかをきちんと知る事ができ、対応する事が出来ます。

おすすめの記事