マイナンバーカードには4種類ものパスワードがある!

マイナンバーカードには4種類のパスワード(暗証番号)があります。
マイナンバーカードを受け取るときに設定します。

パスワードは各サービスを利用するために必要となるもので、第三者のなりすましを防ぐ意味でも重要なものです。

 

ただでさえパスワードが多い世の中・・・
「これ以上パスワード覚えられないよ!」
「1つのパスワードじゃダメなの?」と思いますよね。

 

この記事では、なぜマイナンバーカードには4種類ものパスワードが必要なのか?
それぞれいつ、どんな場面で必要になるのかについてまとめました。

 

パスワードの種類 用途 暗証番号桁数 変更の可否
署名用電子証明書 e-Taxやマイナポータルなどの電子申請に利用 英数字の組み合わせ
6~16文字以下
変更可
利用者証明用電子証明書 コンビニ交付やマイナポータルのログインに利用 数字4桁(★) 変更可
住民基本台帳用 住民票異動など市役所の手続きで利用 数字4桁(★) 変更不可
券面事項入力補助用 個人番号や氏名、生年月日、性別、住所をテキストデータとして利用する際に利用 数字4桁(★) 変更可

 

数字4桁の暗証番号(★)については、同じ番号を設定することもできます。

暗証番号は、入力を連続して3回(署名用電子証明書は5回)間違えるとロックされます。ロックされたら、お住まいの市区町村の役所窓口へ行きロック解除・暗証番号再設定等の手続きが必要となります。

変更可能なパスワードを変更するには、パソコン(インターネット経由)で変更する方法と、市区町村の役所窓口で手続きする方法があります。

マイナポータルの「マイナポータルAP パスワード入力画面(ログイン前の画面)」から、パスワード変更機能を起動できます。

 

おすすめの記事