行政オンラインサービス「マイナポータル」と「ぴったりサービス」でできること

「マイナポータル」をご存知ですか?

マイナンバーカードを持っていると、いろいろなことが便利になりメリットがあるとされていますが、そのメリットのひとつが、行政手続きがオンラインできる「マイナポータル」の利用ができるということです。

マイナポータルとは?

マイナポータルとは?

政府が運営するオンラインサービスで、子育てや介護をはじめとする行政手続きが役所に行かなくてもオンラインでできたり、行政機関からのお知らせを確認できたり、行政機関が保有する自分の個人情報・自分の個人情報が行政機関同士でどうやり取りされたかを確認することができるものです。

マイナポータルで提供される具体的なサービスはこちらの図をご覧ください。
マイナポータルでできること
この記事では、マイナポータルでどんなことができるのか、詳しくまとめていきます。

マイナンバーカードが無くても!誰でも利用できるサービスがある!

マイナポータルのページを開くと、マイナンバーカードを持っていなくても、マイナポータルにログインしなくても利用できるサービスがあります。
まずは誰でも無料で利用できるサービスについてみていきましょう。

1ぴったりサービス

ぴったりサービスとは?
地方公共団体が提供している行政サービスを検索したり、住んでいる地方自治体の行政サービスの検索や、様々な申請・届出について確認でき、オンライン申請もできるサービスのこと。
2020年3月現在、子育て関連のサービスの提供が始まっています。

子育てワンストップサービス

子育てに関する行政手続きがワンストップで行えるのが「子育てワンストップサービス」です。
自分にあった子育てに関するサービスを検索できる
オンライン上で申請書を作成して印刷ができる
オンライン上で申請内容を送信できる

例えば、認可保育園への入所申請、児童手当や児童扶養手当などの現況届がオンラインで24時間好きな時間に手続きできるのです!
注意点
  • 自治体の準備状況・対応状況によって、未対応の手続きがあったりと、利用できるサービスに差があり、現状、日本国内のどこに住んでいても利用できるサービスとは言えない。
  • オンライン申請が可能な手続きであっても、中にはオンライン申請後に役所の窓口に行かなければならないものがある。(結局窓口に行くなら電子申請する意味がないような?むしろ二度手間では?)
  • 検索や確認のみならマイナンバーカードが無くても利用できますが、オンライン申請を利用するためにはマイナンバーカードやICカードリーダライタ等が必要です。
LINEでもぴったりサービスの検索機能が利用可能

マイナポータルのLINE公式アカウントと友達になると、LINE上で行政サービスの検索ができます。

 

2法人設立ワンストップサービス

法人設立ワンストップサービスとは?
法人設立に関する法人登記後の手続きをオンラインで簡単に行うことができるコーナーです。
たくさんの種類の提出書類を作成し、何か所もの異なる機関に提出しに行くことなく、すべてをオンラインで行えるようになります。

サービストップ | 法人設立ワンストップサービス

 

3就労証明書作成コーナー

今まで紙に書いて作成していた就労証明書ですが、
マイナポータルの就労証明書作成コーナーから各市町村の様式が簡単に入手できる
手書きしなくてもパソコン入力で作成できる
というサービスです。
就労証明書とは?
「働いていること」を証明するための書類。
認可保育園等の入園申込の際や、年度更新の際に提出が必要です。

就労証明書を作成するのは雇主なので、こちらは企業や事務担当者向けのサービスになりますね。
注意点

就労証明書作成は、スマホからの利用はできません。

就労証明書作成コーナートップ | ぴったりサービス

 

マイナンバーカードを持っているなら!マイナポータルを活用!

せっかくマイナンバーカードを持っているなら、マイナポータルを利用しない手はない!
ここからは、マイナポータルで何ができるのか?便利な機能・サービスについてまとめていきます。

マイナポータルで何ができる?

マイナポータルでは具体的にどんな機能が利用できるのかというと…

  • 行政機関が保有している自分自身の情報を確認できる
  • 自分の個人情報が、行政機関間でどのようにやりとりされたかを確認できる
  • 民間送達サービスとの連携で、行政機関や民間企業等からのお知らせを民間の送達サービスをつかって受け取ることができる
  • 行政機関から、自分に合ったきめ細かなお知らせが届く(予防接種時期や地方税に関するお知らせ等)
  • 地方公共団体のサービスの検索や、オンライン申請ができる(=ぴったりサービス)
  • ネットバンキング(ペイジー)やクレジットカードでの公金決済ができる
  • マイナポータルの利用履歴を確認
  • 外部サイトを登録し、マイナポータルから外部サイトへのログインなど一体的に使うことができる
  • 本人に代わってマイナポータルを利用することができる「代理人」を設定できる
  • マイナンバーカードのパスワードのうち、利用者証明用電子証明書、署名用電子証明書、券面事項入力補助用の3種類について変更することができる

 

今まで役所に出向かなければできなかったことでも、マイナポータルで簡単に確認・申請できるようになれば、確かに便利ですよね。

マイナポータルへのアクセス方法は?

マイナポータルへアクセスする場合、もちろんインターネット環境が必要となります。
パソコンとICカードリーダライタ、または対応スマートフォンが必要です。

パソコンの場合

  • マイナンバーカードとICカードリーダーが必要
  • ログインに必要なソフトウェアのインストールが必要
  • ログインする際、マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)の入力が必要

スマホの場合

  • マイナンバーカードと、マイナポータルAP対応スマホが必要
    ※AndroidでもiPhoneでもOK。
  • それぞれGoogle PlayかApp Storeで「マイナポータルAP」というアプリをインストールする必要がある
  • ログインする際、マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)の入力が必要

パソコン・スマホの動作環境

マイナポータルの動作環境(パソコン・スマホ)はこちらのページで確認できます。
動作環境について | マイナポータル

 

マイナポータルの利用者登録とは?

マイナポータルを利用するためには、事前準備が必要です。
マイナポータルを利用するために必要なもの(上記参照)の用意ができたら、好きな方法でログインし「利用者登録」を行います。

利用者登録の流れ
  1. PCの場合:WEBでマイナポータルのトップ画面を表示し、ログイン方法を選ぶ
    スマホの場合:マイナポータルAPを起動し、「スマホでログイン」をタップ
  2. マイナンバーカードに設定されている利用者証明用電子証明書のパスワードを入力(数字4桁
  3. 認証が成功すると、マイナポータルのメインメニューが表示される

24時間いつでもどこからでもネットで行政手続きができるというのは本当に便利!
住んでいる自治体によって利用できる機能に差があるのはぜひとも改善していただきたいですが・・・。
今後ますます利便性が向上していくことに期待です!

サービストップ | マイナポータル

 

 

おすすめの記事