医薬品を買ったら~知らなきゃ損!セルフメディケーション税制|確定申告

2017年1月から「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。
この制度を利用するには確定申告が必要なので、自動的に適用されるわけではありません。
ドラッグストア等で医薬品を買った方は、この制度を知らないと損です!

この記事では、セルフメディケーション税制の概要について詳しくまとめていきます。

セルフメディケーションとは

そもそも、セルフメディケーションとはどういう意味か?
それは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」です。

セルフメディケーション税制とは

概要

  • 医療費控除の特例として、2017年から始まった制度
  • 適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替えを進めることが目的のひとつ
  • 健康の維持増進及び疾病の予防への取組として 一定の取組(*1) を行う個人が、スイッチOTC医薬品(*2) を使用する際、その購入費用の1万2,000円を超えた部分について所得控除を受けることができる制度
  • 2017年1月1日から2021年12月31日までの間に、医薬品を一定の条件で購入した場合に適用される
  • 控除の対象となるのは、1万2000円を超えた部分の金額で、控除上限金額は8万8000円
  • 生計を共にする配偶者やその他の親族の分も対象になる
  • 所得税、住民税を納めていることが前提条件

 

健康の維持増進及び疾病の予防の為の「一定の取組」(*1)とは?
下記のいずれかを受けることです。
1. 特定健康診査(メタボ健診)または特定保健指導
2. 予防接種(定期接種、インフルエンザの予防接種)
3. 勤務先で実施する定期健康診断(事業主検診)
4. 保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種健(検)診等)
5. 市町村が健康増進事業として実施するがん検診
6. 市区町村が健康増進事業として実施する健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康診査)

簡単に言うと、健康診断や検診、予防接種ですね。
「一定の取組」の証明のため、確定申告の際に証拠書類の提出・提示が必要です。
「一定の取組」の証明方法について[PDF]|厚生労働省
スイッチOTC医薬品(*2)とは?
・要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用(スイッチ)された医薬品で、処方せんなしで薬局やドラッグストアで購入できる医薬品のこと
・要指導医薬品、第1類、第2類、第3類の種別があり、税制対象医薬品は2020年1月28日時点で1787品目。
※かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬などが対象ですが、これらの薬効の医薬品の全てが対象なわけではないので、ご注意ください

CMなどで聞き覚えのある「バファリン」「パブロン」「ルル」「エスタック」「フェイタス」など、身近な医薬品も対象です。
虫刺されに効く「ムヒ」も!便秘薬の「ビオフェルミン」も!
これなら年間の購入額が1万2千円を超えるケースは珍しくないかも。
対象になっているのに制度を利用しないなんてもったいない!
1か月あたり1000円以上医薬品を購入する方にとっては、かなりお得な制度です。

厚生労働省のホームページで、この制度の対象OTC医薬品を確認できます。
セルフメディケーション税制対象品目一覧[PDF]


セルフメディケーション税制の概要

セルフメディケーション税制 制度概要[PDF]|厚生労働省
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について|厚生労働省

例えば、年間20,000円の医薬品を買った場合は、8,000円が課税所得から控除されます。
その結果、課税所得が400万円と仮定すると、所得税1,600円、個人住民税800円が減税されることになるんです!

セルフメディケーション税制を受けるためにはどうすればよいのか

セルフメディケーション税制利用の流れは以下のようになります。

1対象医薬品を購入

・ドラッグストア等で医薬品を購入する際、セルフメディケーション税制対象商品であるかを確認します。対象商品には下記の識別マークが表示されているので、すぐに見分けられます。
・対象商品購入時のレシートは必ず保管します。
・自分だけではなく、生計を共にする家族の分も合算して、年間購入額が1万2千円以上の場合は、セルフメディケーション税制の利用が可能です。
セルフメディケーション税制対象商品の表示

 

 

2健康診断・検診や、予防接種を受ける

・申告を行う対象となる年(対象の医薬品を1万2000円以上購入した年)に、予防接種や健康診断の受診など、健康のための一定の取組を行います。
・その領収書又は結果通知表は、必ず保管します

確定申告をする3

・面倒と思わず、必ず確定申告をしましょう!確定申告をしなければ、制度は適用されません。

▼ 申告に必要な書類

市販薬を購入した際に受け取ったレシートや領収書
健康診断や検診、予防接種の領収証(原本)や結果通知表(コピー可)
※ 健診結果部分は不要なので、見えないように黒塗りや切り取る等して提出する
※必要なのは「確定申告する人」本人についての証明です!

注意
医療費控除(*3) を受ける場合はセルフメディケーション税制が利用できません。
どちらか一方のみ、申告できます。

医療費控除(*3)とは

1年間(1月1日~12月31日)に自己負担した医療費が、自分と生計を一にする家族の分を合わせて、合計10万円を超えた場合、確定申告することにより、所得税が一部還付されたり翌年の住民税が減額される制度

セルフメディケーション税制の対象となるものは「対象のスイッチOTC医薬品」に限定されていますが、医療費控除の対象となるものは「病院や歯科医院等の窓口で支払う医療費や処方箋等の医薬品」「通院に係る公共の交通機関の交通費」「通常の入院代に含まれる食事代」等、範囲が広まります。

年間の医療費が10万円未満で医薬品の購入が多い場合にはセルフメディケーション税制の方がお得です!

 

人口減、高齢化による医療費高騰、医師不足などの問題もあり、これからは自分の健康は自分で守る「セルフメディケーション」が重要な時代になっていくような気がします。
OTC医薬品を上手に使って、軽い病気の症状緩和など、健康管理をしていきたいですね。
それで税控除されるなら嬉しい限りです。

~この記事は、こちらのHPを参考にして書きました~
知ってトクする セルフメディケーション税制|日本一般用医薬品連合会

おすすめの記事